アナタは気付いていない、周りは気付いている「アナタのカメムシ臭」part1

更新日:7月28日


「20代後半からマストで始めるべき体臭ケア」



(カメムシ飼ってるんですか?)(熟成チーズでも顔に塗ったんですか?)

アナタがもし20代後半よりも上の年代の男性であれば、周りの人からふとした瞬間に「臭い」と思われている確率は高いです。何故ならそのニオイの原因は20代後半から男性全員が発動してしまうものだから。しかも自分自身はそれを認識しづらいという、とってもやっかいなもの。うすうす感づいた方もいるかもしれませんが、ご存じ「加齢臭」です。



「え?20代でも加齢臭ってあるの?」

と思った方、多いと思います。でも、本格的な加齢臭が始まるのは、実は40代から。加齢臭は、腐ったチーズ、古本、劣化した油のような臭いがすると言われています(クッサ!!)。「え?じゃあまだ大丈夫なんじゃ…」と胸をなでおろすのは早い。20代後半から30代の後半までの「プレ加齢臭期」の方が、加齢臭よりもはるかにヤバいんです…。

まずはそのヤバさを認識するところからスタートしましょう。




ウソでしょ?体からカメムシ臭!?「プレ加齢臭」とは?

体臭には「加齢臭」とは似て非なる「ミドル脂臭」というものがあります。「ミドル脂臭」とは20代後半から30代後半の特に男性に発生しやすい体臭で、40代以降の加齢臭よりも強烈な青クサさと油クサさを放つのが特徴です。その原因物質は、頭部とその周辺から発生する「アルデヒド」や「ジアセチル」で、まさにカメムシが発する臭気物質と同じ!

(ちなみに、40代からの加齢臭の原因物質は「パルミトオレイン酸」というまた別の物質なんですね)

これらの恐ろしさは、クサいのにも関わらず意外と自分では認識しにくいところ。気付いたら人に距離を取られていた、陰でウワサになっていた、原因がハッキリしないけど別れを切り出された、娘や奥さんが近寄ってこない、なんてことに…



体の中で一番臭いのは頭!

「体臭」と聞くと、なんとなく脇とか上半身を意識してしまのは、高校生の時代に使っていたワキシュー(デオドラント)の名残ですね。そうじゃないんです、20代後半からは、とにかく頭なんです。加齢臭もプレ加齢臭も、原因は頭皮の皮脂がメイン。

「いやいや、オレは脇の方がクサイわ!」という声も上がるかもしれません。確かに自分で認識するニオイはそうかもしれませんが、周りの人が普段感じているアナタのニオイは頭のニオイということです。脇や体は服で隠れているので、よっぽど汗をかかない限りニオイはそこまで拡散していません。むしろ頭は一日中露出しているからこそ、ニオイが風に流れて360度ずっと拡散し続けているんです。

ニオイの目立ちやすさの順番は、「頭」>>>>>>>>>>>>「耳まわり」>「首の後ろ」>「脇」くらいに認識しましょう。



「オレはまだ大丈夫…」が大敵

体臭は自分では気づきづらいからこそ油断しがち。しかもニオイについては、誰も指摘してくれません。「オレはまだ若いし大丈夫」と高をくくっていると、気付いた時には時すでに遅しなんです。

「いいニオイのするオレ」と「(自分では臭いと思ってないけど、実際周りからは)臭いオレ」「周りを不快にしないオレ」と「(全く悪気なく)周りを不快にしているオレ」どっちがいいでしょうか?

20代後半からプレ加齢臭対策を習慣化して、素敵な香りの40代を迎えること準備をしていくことが大切です。加齢臭対策をしていない40代オーバーの人は言うまでもありません。






閲覧数:26回0件のコメント