謎多き、カッピング

「カッピング」とインターネットで画像検索すると、

背中についたアザのような赤黒い跡の画像や、

背中に無数のガラスカップを吸引させ、

血を抜く画像などが出てきます。


これらの「誤解を招く痛々しい画像」こそが、

「カッピング」を世の中に一般普及させない大きな理由です。


ちなみに血を抜くのは「瀉血」といって、

カッピングを使った上で皮膚に切れ目を入れ、

老廃物と共に血液自体を抜く過激な治療法。

一回受けましたが、本当にオススメしませんし、

バキューマーはそんなことしません。


赤黒い跡については、

痛々しく感じるかもしれませんが、

肌の近くに血が集まった状態であり、

怪我のアザとは全く違うものです。


英語ではこれをmarkと呼び、

アザを意味するbruiseとは別れています。



タイトルで「謎が多い」と表現しましたが、

結局これは「正しく知られていない」ということの裏返し。


つまり「正しい知識を普及し、謎でなくすること」が、

私たちが第一に解決すべき課題なのです。


正しくカッピングを知った上で使えば、

あなたを悩ませる大きな原因のひとつを

いとも簡単に取り除けるかもしれません。





29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示