臭ったら負け。20代後半から始まる男性の苦悩。


会話中に、ふと近づいたら


(うっ!…クッサ!…ヴォエッ!…コイツないわー)


と、自分の知らないところで評価を落としてしまう。

それが加齢臭の恐ろしさ。


20代後半からの男性は、もれなく臭いチーズやカメムシのニオイが頭皮から香ってきます。


そんなに強いニオイなのに、本人が認識しづらいのも恐ろしすぎます。

どれだけ仕事を頑張っていても、臭ってしまえば「仕事がデキる人」から「仕事デキるけど、あの人臭くない?」という評価になってしまいます。


厳しいですが、臭ったら負けなんですね。


スメハラという言葉があるように、ニオイは周囲を不快にすることは紛れもない事実。


では、何故加齢臭は頭から臭ってくるのでしょうか??





加齢臭とは毛穴から出た皮脂が酸化して臭ってくるため、毛穴だらけの頭はいわば加齢臭の巣窟。


加齢臭は「体臭」というよりかは、言葉として有るかはわかりませんが「頭臭」なんですね。


鼻に近い頭が原因ならば本人は気づきそうなものですが、逆に鼻が慣れてしまっていて気付いていないことが多いのだそうです。




だからこそ、加齢臭ケアは20代後半以降のどの年代の男性もエチケットとして当たり前。


自分は臭くないと思っていても、周りの人はニオイに気づいています。


勝手に評価を落とす前に「Todoフレグランスクラウン」を。


すでに評価が落ちているなら良い香りの男になって上げるだけ。




生のボタニカル素材を濾過して作ったアロマオイルの良い香りが、加齢臭をシャットダウン。


ボタニカルには加齢臭の抑制に効く成分が入っています。


香水のようなドギツさがないので、ビジネスシーンでも使えるし、ふわりと香った時も周囲が安心するような香りです。


臭ったら負け、な世の中で、臭わない勝ち人生を。



閲覧数:18回0件のコメント