仕事の生産性をアップするアイテム

最終更新: 2019年2月9日



働き方改革により、

残業をせず定時に仕事を終わらせる、

という意識が重要になってきました。


そのために問われるようになったのが

「生産性」

これをアップさせることが、

現代で働く全ての方のテーマとなっています。



その生産性の大敵となるのが「疲れ」。

仕事中、疲れた状態をいかに回避し続けるか、

それが現代において大切だと言えます。


デスクワーク主体の方にとって、

肩こりや腰痛はつきもの。

それらが、あなたが仕事に集中するのを邪魔してきます。


同じ姿勢が続くと、

筋肉が緊張状態になり、

筋肉が血行を圧迫して、

脳がそれを「コリや疲れ」として認識します。


これを回避するならば、

筋肉をほぐし続ける必要があります。

血行を流し続ける必要があります。

姿勢を正すだけでは、

コリはなくなりません。



では、

「仕事しながら、こってる部分を指圧し続けてみてください」

と言われても片手がふさがった状態では、

仕事の能率は上がりません。


だからこそ、

ハンズフリーでケアできる、

バキューマーが支持されているのです。


バキューマーは、

ただ筋肉をほぐすことを目的としているわけではありません。

働く人にイイ仕事をしてもらう、

ことが目的です。


そのためには、

コリや疲れという邪魔者から、

あなたを守らなくてはいけません。

体が元気な状態を維持しなくてはなりません。

そのためにバキューマーは存在しているのです。


アントニオ猪木さんの

「元気があればなんでもできる」

という言葉は根源的に正しいのです。







最新記事

すべて表示

肩こり解消の裏技

筋肉が固まることで、 血行が悪くなり、 コリが現れる、 というメカニズムの話は以前しました。 そして、 コリにくい体を作るためには、 普段からストレッチやスポーツなどで、 筋肉の柔軟性を高めることが大切、 ということもご説明しました。 結局のところ、 現代を生きている限り コリがなくなることはないし、 ストレッチやスポーツで しっかり時間をかけて ボディメンテナンスをすることが不可欠なのです。 さ

  • Instagram

​本ページの著作権は全て株式会社MOGOに帰属します。情報拡散/シェアを目的としたSNS・ブログ・キュレーションサイト以外での転用はお断りします。